チェンジの鉄則!|デリヘルはやっぱり最高!デリヘルを楽しむための鉄の4箇条

デリヘルはやっぱり最高!デリヘルを楽しむための鉄の4箇条

メガネを持っている女性

チェンジの鉄則!

笑顔の女性

大塚には他の歓楽街に勝るとも劣らないほどたくさんのデリヘル店があるわけだが、どれだけお店を選んで、どれだけ嬢を吟味しても自分の想像を超えた嬢が現われる可能性は十分にある。
そんな時に惨事を防ぐための言葉が「チェンジ!」だ。この「チェンジ!」という言葉は面白がって日常生活で使うことはあっても実際デリヘル嬢に対して使ったことがあるという猛者は意外と少ないのではないだろうか?

それほどこの「チェンジ!」は使いどころの難しい言葉なのだ。
これは大塚であろうがどの街でも共通しているだろう。
実際に「あーあ・・・」と思いながらプレイに入る人、ルールを知らないまま断れなかった人、いろいろなパターンがあるだろう。
今回はこのページで正しい「チェンジ!」を学んでいって欲しいと思う。

最も気をつける点はチャンジを伝えるタイミングだ。
これは必ず部屋に上げる前に伝えるようにしましょう。部屋に上げるとOK!という暗黙の了解があるので部屋に上った時点からプレイ開始と認識されるデリヘル店も少なくない。
もちろん、プレイ途中の「チェンジ!」なんて論外だ。
飲食店で途中まで御飯を食べて「違うものがきてるから変えて」、ユニクロで買って半年きた服を「サイズがあわないから返品」と言うようなものだ。

チェンジができる回数は基本的に一回だがこれはお店によって異なるのでよく確認しておいた方がいい。
追加料金がかかる場合もあるので要注意だ。
大塚のデリヘル店で聞いたときはだいたいのお店が1回と言っていたと思う。

ちなみに大塚のデリヘル店は基本的には優良店が多いのでこいつの出番は少なかったわけだが。